国土交通省・経済産業省【自動回転ドアの事故防止対策に関するガイドライン】・
日本工業規格【JIS A 4721 自動回転ドア・安全性】に準拠するとともに
2.5回転/分(rpm)で大勢の人が通行でき、
大きさ(内径)、天井高も各3タイプ用意しました。

■回転速度:2.5回転/分(rpm)における運行可能人員数

   ※片側通行(回転速度2.5rpmでの計算上の数値)
  ■天井高:2,200・2,400・2,600(mm)
 
■材  質:固定外周部 ステンレス(SUS304)
       回転部(扉・センターコア) アルミ
●仕  上:ステンレス(SUS304) ヘアーライン・3S
       アルミ アルマイト・クリア/塗装
■戸先折れ戸機構装備
扉と方立の間にはさまれた場合に、扉の先端部が回転方向
逆側へ折れ、その衝撃を低減する機構です。
 
<回転ドアの販売再開にあたり、工学院大学の畑村先生からメッセージをいただきました。>
  http://www.magicalir.net/5929/streaming/090228/wmv/index.html

自動回転ドアを設置することにつきましては、経済産業省・
国土交通省が定めております<自動回転ドアの事故防止
対策に関するガイドライン>
に準じ設計・発注そして運行・
管理をお願いします。
回転ドアの通り方/回転ドアのいいところは
全国自動ドア協会のホームページ

http://jada-info.jp/topics/kaiten_door0.html